bobuhiro11's diary

gnu globalでコードリーティング

19 May 2013
[global] [gnu] [コード] [ティング] [リー]
gnu globalを使うと,grepで探さなくても関数や変数の定義されているファイルとその位置を探してジャンプできるようになります.

インストール

aptを使うと,gtags.vimで不具合があったので,ソースから.
$ cd /usr/local/src
$ wget http://tamacom.com/global/global-6.2.8.tar.gz
$ tar xf global-6.2.8.tar.gz
$ cd global-6.2.8
$ ./configure
$ make
$ make install

vimから使う.

Vundleでインストールします..vimrcに次のように書いて,":BundleInstall".
Bundle 'gtags.vim'
さらに,使いやすいようにキーマップも変えておきます.
" 関数一覧
noremap <C-G><C-I> :Gtags -f %<CR>
" 関数検索
noremap <C-G><C-S> :Gtags -r
" 関数の定義へ移動
noremap <C-G><C-J> :GtagsCursor<CR>
あとは,読みたいコードがあるディレクトリ内で," $ gtags  -v"としてタグをつける.vimで開いて,気になる関数の上で,ctrl-g,ctrl-jとすると,その定義のある場所へジャンプ.読み終わったら,ctrl-oで元の場所に戻ってきます.

comments powered by Disqus < Beamer(latex)でプレゼン LSMについて調べてみた. >