bobuhiro11's diary

省エネサーバを作ってみた

20 Jul 2015
[server]

さくらVPSの1Gプランのインスタンスをウェブサーバやストレージとして動かしているが,いくつか不満なところがある.

そこで,自宅にサーバを置くことにした. 条件はありきたりだが,こんな感じ.

ちょっと調べてみて,DN2820FYKH(15,000円)というNUC(Next Unit of Computing)を使おうと思った. NUC本体に加えて,メモリとストレージだけ買ってくれば完成するので簡単だし, 値段,静音性,消費電力の条件を満たしている. 注意点は, メモリには1.35Vの省電力メモリ(DDR3L 1333/1600)を使うこと, 最大メモリ容量は8GBであること, ドライブは2.5インチであることくらい. あと,SATAのスロットは1つだけで,PCIeはひとつもないので拡張は全く出来ない.

よく考えてみると拡張出来ないのは痛いから,多少高くつくが部品ごとバラバラに買うことにした. CentOS x86_64 サーバー構築・運用 - System House ACT 公式ブログ静音化:SST-ML05Bケースに、玄人志向のACアダプタKRPW-AC120Wを載せる | Atom Fusion に同じマザーボードを使って構成した人がいるので参考にした. GA-J1900N-D3Vは少し古くてSATA 3.0がなくメモリの周波数もちょっと気になるが,PCIスロットがありNICが2つありということで,妥協した. 実際に動かしてみると,HDDのシーク音がうるさいのが気になった. 他のHDDと比べてもうるさいので,選択を間違ったかハズレを引いたんだろう.


comments powered by Disqus < Codeforces Round 308 (Div.2), ARC040 2015年総括 >