bobuhiro11's diary

Civilization VI 初心者のメモ

30 Jun 2020

一度Civilization VIを友人とやった結果、どうやらこのままだと勝てそうにもないので、ちょっと調べてみる。 このゲームは選択の連続なので、仕組みを知らずになあなあで進めてしまうと勝つのは難しそう。 あくまでも初心者が自分のために書いていくメモなのであしからず。 詳しく知りたい方は CIVILIZATION VI wiki を見てください。

まず、マップオプションから、グリッド、資源アイコン、算出アイコンを表示するよう設定しておく。 都市そのものを強化するリソースが、食料と生産力。食料を増やすことで人口が増え、生産力を増やすことで区域・建造物の生産につながる。生産力は、労働者が鉱山を作ることで得られる。ゴールド・科学力・文化力は、市場(商業ハブ区画)、図書館(キャンパス区画)、円形闘技場(劇場広場区画)から得られる。

序盤の戦闘に有利なアステカ、アメリカ、シュメール、ヌビア、ローマ、クリー、インカが、初心者に向いている。 初期配置に癖のあるヌビア、エジプト、マリ、ロシア、カナダ、イギリス、インドネシア、スペイン、ノルウェー、オランダ、フェニキア、マオリなどは難しい。また、宗教メインな文明や、特殊なプレイングが必要な文明も向いてない。 ドイツが扱いやすいそうに感じる。固有区域ハンザが単純に強い。区域はハンザ>キャンパス>商業ハブくらいで立てていく。

序盤は、斥候、労働者、戦士、開拓者で進めていく。 都市が川や湖に隣接していると住宅+3なのでよく吟味する。ユニットの中ではチャリオット(のちの戦車)、弓兵(のちの野戦砲)が強い。 丘陵地帯は生産力が強力なので、そこを狙って都市を作る。 都市を作った後は、市民管理で手動で人をどのタイルに配置するか決めることができるので、定期的に見直すと良い。 労働者はむやみに使わず、必要な時まで眠らせておけばよい。 市民+2の住宅が必要で、それを下回るとペナルティが発生して、都市の成長が妨げられる。 交易商は強力なので、作れるタイミングなら優先して作る。 太古の遺産はピラミッド、アポロン神殿が強い。 それ以降の時代では、ペトラ、コロッセオ、アルハンブラ宮殿、チチェン・イツァ、 グレート・ジンバブエ遺跡、紫禁城、ポタラ宮、アルセナーレ・ディ・ヴェネツィア、ビッグベンが強い。

戦争中は勝つまで兵の増強をやめない。相手も兵の生産に集中しているはずなので。 遠距離攻撃する場合は、移動力が1以上残っていれば攻撃可能なので、ヒットアウェイで戦う。

その他


< ABC 171 F - Strivore KVM TLB Shootdown Preemption メモ >